会長挨拶

2018−2019年度 七尾みなとロータリークラブのテーマ

「躍動するロータリー」

七尾みなとロータリークラブ 会長 森 仁志

2018−2019年度

七尾みなとロータリークラブ

会長 森 仁志

 2018-2019年度七尾みなとロータリークラブ会長を拝命させていただきました森 仁志です。

 会長エレクト研修セミナー、RLI(ロータリーリーダーシップ研究会)を通じていろいろと勉強させて頂きましたが理解に乏しく七尾みなとロータリークラブのリーダーとして不安と緊張とその責任の重さに身の引き締まる思いです。

近年会員数も増え明るく楽しいクラブ運営が成されており会員皆様方の努力に感謝申し上げます。

 本年度RI会長バリー・ラシン氏はテーマとして「BE THE INSPIRATION」「インスピレーションになろう」を提唱されました。日本語訳は色々と出来るわけですが、2610地区若 林啓介ガバナーは「事を起こす原動力となろう」とか「仕掛人になろう」と解釈すべきと考え られました。またRI会長はロータリーの公共イメージと認知度の向上を強調されました。この意向を受け若林ガバナーは地区の方針を「ロータリーを知ろう、知ってもらおう」に致しました。RI会長、地区の方針を基本としてクラブ運営を行いたいと思っております。

 さて当クラブのテーマですが「INSPIRATION」を「躍動すること(人)」と拡大解釈し「躍動するロータリー」としました。ロータリーの中心は各クラブです。クラブが活性化するには元気で明るいクラブであることです。当クラブは近年会員数も増え活性化が図られて来て おり、これからは更に躍動したいという思いで決めさせて頂きました。

 ロータリーへの入会理由またロータリーにとどまる理由は「地域社会に貢献したい思い」と「友情と親睦を深めること」が圧倒的に多いそうです。各委員会活動を通じ地域社会に貢献し、友情を深めて行きたいと思っております。会員の皆様方と共に協力しながら地域社会や国際社会で必要とされるニーズに応える活動を進めて行きます。

 会員の皆様方のご協力、御指導をよろしくお願い致します。